無線LANシステムで検疫ネットワークソリューションを実現(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

無線LANシステムで検疫ネットワークソリューションを実現(マクニカネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マクニカネットワークス株式会社は1月18日、米Trapeze Networks, Inc.と共同で、シマンテック社の「Sygate Secure Enterprise」と、Trapeze Networks社の無線LANシステム「Trapeze Mobility System」の相互検証を実施し、無線LAN環境下での検疫ネットワーク連携の動作を確認したと発表した。

無線LANスイッチ「Trapeze MXシリーズ」とアクセスポイント「Trapeze MPシリーズ」配下で無線LAN接続する端末が、シマンテック社「Sygate Secure Enterprise」の「LAN Enforcer機能」と連携し、ユーザ認証やセキュリティポリシー適合チェックに基づいたネットワークアクセスの制御が確認された。

これにより、ネットワークに接続された端末に対しセキュリティパッチやウィルス定義ファイルの適応状況などさまざまな健全性チェックが実施され、その結果情報に基づき、ネットワークスイッチ側で端末毎の所属VLANを自動切換えし、各端末からのネットワークアクセスを制御できる。

http://www.macnica.co.jp/release/detail.html?press_release.press_tmp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×