最新のWindows脆弱性を悪用する攻撃を複数確認 | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

最新のWindows脆弱性を悪用する攻撃を複数確認

 F-Secure社は12月30日、Windowsメタファイル(WMF)における脆弱性を利用する攻撃として「W32/PFV-Exploit」を発表、警戒を呼びかけている。

脆弱性と脅威 脅威動向
 F-Secure社は12月30日、Windowsメタファイル(WMF)における脆弱性を利用する攻撃として「W32/PFV-Exploit」を発表、警戒を呼びかけている。

 これは、「Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある (912919) (MS06-001)」のセキュリティホールを悪用するもので、すでにセキュリティホールを攻撃するワームを仕込んだサイトのURLをMSN Messengerで送信するものや、悪意あるコードを含んだ画像ファイルを送りつけるワームなどが確認されているという。

Weblog : News from the Lab
http://www.f-secure.com/weblog/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×