米バラクーダネットワークス製の迷惑メール対策アプライアンスを販売(ネットマークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

米バラクーダネットワークス製の迷惑メール対策アプライアンスを販売(ネットマークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットマークスは12月20日、米バラクーダネットワークス社製の迷惑メール対策アプライアンス「バラクーダスパムファイアーウォール」の販売を同日より開始したと発表した。
同製品は、スパムメールをメールサーバの前段で検査し、複数の手法でフィルタリングを行うというもの。日本語文を含むスパムメールに対応する。フィルタリングには、一定時間内に大量に配信されるケースに有効な「レートコントロール」、メール本文内に記載されているWebサイトのリンク先からスパムメールと判断する「インテンションフィルタ」など複数の手法を採用している。

同社は今後、迷惑メール対策として同製品を活用し、既存のウイルス対策や情報漏洩対策、メールのアーカイブを組み合わせたメールセキュリティソリューションをエンタープライスマーケットに向け展開していく計画だ。

http://www.netmarks.co.jp/newsrelease/051220.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×