セキュリティプロダクトからサービスへの転換を図る 欧米で技術力が高く評価されているエフ・セキュアの次なる事業展開とは 第2回 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

セキュリティプロダクトからサービスへの転換を図る 欧米で技術力が高く評価されているエフ・セキュアの次なる事業展開とは 第2回

特集 特集

IT先進国であるフィンランドのセキュリティベンダー・F-Secure。2005年11月からは、日本市場で新たにLinux向けのサーバセキュリティ製品を市場投入する。アンチウイルス製品では世界的に高い技術力を誇るとされ、日本国内でもすでに200万以上のライセンスの販売実績がある。そんな同社のCEOであるリスト・シーラスマ氏がこのほど来日した。数多くのセキュリティベンダーが存在する中で同社の優位性はどこにあるのか、事業展開の方向性は・・・。シーラマス氏に聞いた。

● 従来型セキュリティはもはや通用しない!メガトレンドへの対応こそ重要

 エフ・セキュアでは、今後のインターネットセキュリティにおける大きな動向として、「既存のセキュリティの方法論だけでは、もはや対応しきれなくなる状況が出現しつつある」(シーラマス氏)と見ている。新たなウイルスやスパイウェアをはじめ、新しい攻撃手法が次々と開発され、セキュリティホールの発見からそれを利用したウイルスの登場までの時間が極端に短くなる「ゼロデイアタック」の増加などの要因から、既存のセキュリティの方法論が機能しなくなりつつあるというのだ。あわせて、コンピュータのみならず携帯電話やモバイルデバイス、ネットワーク接続機能を有する家電製品などにまで被害をもたらす。これまで以上のスピードで深刻な脅威が増大していく状況をシーラマス氏は「メガトレンド」と呼ぶ。多くのセキュリティベンダーが提供しているプロダクトや技術、いわば、現状のセキュリティの方法論だけに頼っていては「次々に発生するインターネット上の新たな脅威には対応しきれない」ということである。インターネット利用者は個人・法人を問わずすでにこの「メガトレンド」の流れに飲み込まれつつあるのだ。

シーラマス氏は、このメガトレンドへの対応策として2つのキーワードをあげている。1つは「プロダクトからサービスへの転換」である。ウイルス対策ソフトなどの製品を各国で販売していくだけではなく、それらのセキュリティのソリューションを、各国の企業のシステムに組み込んだ「サービス」の形で提供していくというものである。「多くの企業では、たとえば自社にメッセージングサービスを導入するときにアウトソーシングを利用します。その際にメッセージのサービスと同時にセキュリティも提供する。従来では、セキュリティ製品をライセンス販売していたのですが、そうではなくメッセージングサービスの中にセキュリティのサービスをも組み込んだ形で提供していく。これがプロダクトからサービスへの転換ということです」(シーラマス氏)。シーラマス氏によれば、日本市場をはじめ世界市場でも「製品からサービスへの『シフト』を徐々に進めていく」という。もう1つのキーワードが「モバイル」である。今やパソコンだけでなく、携帯電話は携帯情報端末などのモバイルデバイスでのインターネットの利用も一般的になっている。そこで、モバイルデバイスをはじめ、ネットワーク接続機能を備えたゲーム機器、情報家電製品など新たなデバイスに「いかにセキュリティを付与していくか。それこそがメガトレンドの中でセキュリティベンダーとしての重要な役割になる」(シーラマス氏)という。

【執筆:下玉利 尚明】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

    [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  3. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  4. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第3回「アクターとダークウェブ」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  8. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第5回「ウソも方便」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第6回 「川辺」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×