インタビュー:マイクロソフト「日本のセキュリティチームのBlog」担当者に聞く(1)セキュリティブログを始めた理由 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

インタビュー:マイクロソフト「日本のセキュリティチームのBlog」担当者に聞く(1)セキュリティブログを始めた理由

特集 特集

今ではすっかり多くなった企業のブログ。どちらかと言えば中小企業や個人が積極的に取り組むブログだが、マイクロソフト(以下、MS)もブログを使っている。今回、「日本のセキュリティチームのBlog」を運営するセキュリティレスポンスチーム(SRT)の奥天氏と小野寺氏の2名に話をうかがった。

>>「日本のセキュリティチームのBlog」
http://www.exconn.net/Blogs/team02/

その内容を

第1回 セキュリティブログを始めた理由
第2回 セキュリティブログ運営のルール
第3回 セキュリティブログの対外的な影響

として連載する。

●公式情報に付加価値を

―まずセキュリティブログをはじめたきっかけは何でしょうか?ブログを始めた目的をお教えください。

奥天氏:
MSでは、これまでも多くの手段で情報を発信してきました。ニュースレター、ウェブ、eラーニング、カンファレンス、セミナー等です。例えば、私の所属するSRTでもウイルス対策やセキュリティ更新プログラムの情報などを掲載していますが、ウェブは公式な情報を伝える時に使います。メールも公式ですがほしい人にしか情報を渡せないし、長さは短めになります。しかし、ブログはそれらとは違った可能性がありました。

小野寺氏:
ブログはメールの足りないところも書けるし、ウェブのようにオフィシャルなところでは書けないことも書けます。伝えたいけど他ではなかなか書きにくい情報を伝えられます。ブログは、公式でもない非公式でもない、その中間のパイプ役を担っています。

奥天氏:
具体的には、個人的な意見や経緯など、「こういう経緯で公開にいたりました」というものです。これは今までは表現できなかった中立的な意見です。公式な情報に、新たな付加価値を提供できるようになったのです。また、「ブログの文面から滲み出る顔」みたいなものをきっかけに、ユーザーがどこかにリンクしてくれるといったインタラクティブ性もありますね。

小野寺氏:
ウェブやメール以外での情報伝達の選択肢を増やす、という目的もありますね。実際「こういう情報をRSS(※)で流してくれればいいのに」というフィードバックをいただき、ブログ以外のセキュリティ情報をRSSで流せるようにしました。

※RSS…更新された際に記事概要が通知されるもの。

【執筆:株式会社アイドゥ 三原崇人 http://www.eyedo.jp】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。
https://www.netsecurity.ne.jp/14_3697.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×