自衛隊病院勤務の三等空佐、受診患者の個人情報をWinny上に流出(防衛庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

自衛隊病院勤務の三等空佐、受診患者の個人情報をWinny上に流出(防衛庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

防衛庁は、陸上自衛隊が管理する自衛隊病院で受診した患者の個人情報がWinnyネットワーク上に流出していたと発表した。

流出していたのは、同病院で受診した自衛官と自衛官OB合計9名と、一般市民50名分の名前、病名、検査数値などの個人情報。
同庁によると、自衛隊中央病院に勤務する医官の三等空佐(37歳)が、病院の許可を得ずに私物のPCに保存し、院外へ患者情報を持ち出していたことが判明している。
このPCがWinnyウイルスに感染し、個人情報を記録したファイルが流出したようだ。

陸上自衛隊では、昨年4月にも隊員によって隊員名簿などがWinny上に流出したことが判明しており、私物PCの管理を徹底させる通達が出ていたという。
同庁では、情報を流出させた三佐の懲戒処分を検討しているという。

http://www.jda.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×