ハッカーの攻撃に脆弱な内務省のシステム | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

ハッカーの攻撃に脆弱な内務省のシステム

国際 海外情報

 米国、連邦政府地方裁判所のランバース判事が、内務省のコンピュータの一部をインターネットから取り外すように求める判決を下した。

 これは、アメリカ先住民のために管理している、信託基金口座に関連したコンピュータについてで、判事はセキュリティが「でたらめで、作用していない」と酷評。ハッカーの攻撃に遭う可能性を指摘している。但し判決では、インターネットの接続を絶つコンピュータは、火災をはじめ生命、資産、国家のセキュリティなどへの脅威から市民や国家を守るのに必要なものを除くとしている。

 しかし内務省では、今回の裁判所命令により、先住民の信託データに関連したコンピュータの他、情報に間接的にアクセスのあるものを含めると、6000台もの政府のコンピュータに影響を与えると、判決が及ぼす可能性のある事態を憂慮する。内務省のスポークスパーソンによると、同省では控訴裁判所から一時的な執行停止許可を受けることができたという。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×