千葉大学医学部付属病院、患者の個人情報が盗難被害に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

千葉大学医学部付属病院、患者の個人情報が盗難被害に

千葉大学医学部付属病院は10月22日、同大学大学院医学研究院の大学院生が盗難に遭い、患者の個人情報が盗難されたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
千葉大学医学部付属病院は10月22日、同大学大学院医学研究院の大学院生が盗難に遭い、患者の個人情報が盗難されたと発表した。

これは、同大学院生が10月14日夜にコンビニに寄るため駐車していたところ、車の助手席側後方の窓が割られ、車内からリュックが盗難に遭ったというもの。
15日午前2時頃、警察署に被害届を提出している。

盗難されたリュックの中には、現金、カードなどの私物のほか、自宅で研究作業を続けるため、千葉大病院からUSBメモリに保存し持ち出した患者の情報が含まれていた。
患者の個人情報は259例で、病院名、氏名、ID番号、標本番号、手術日、術式が含まれていた。

千葉大学医学部付属病院:個人情報の盗難事件に関するお詫びと再発防止策のご報告
http://www.ho.chiba-u.ac.jp/owabi051022.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×