海外開発センター、クレジットカード情報を含む個人情報をメールで誤送信 | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

海外開発センター、クレジットカード情報を含む個人情報をメールで誤送信

株式会社海外開発センターは10月13日、同社が運営する飲食店などの割引会員システム「TopRankers」の個人情報が流出した事実が判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社海外開発センターは10月13日、同社が運営する飲食店などの割引会員システム「TopRankers」の個人情報が流出した事実が判明したと発表した。

これは、同会員システムのクレジットデータの更新を再依頼するメールを送信する際に、顧客データのファイルを誤って添付したというもの。
このデータには、TopRankersにクレジットカードを登録している顧客9,493件の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、クレジットカード番号、有効期限、勤務先、利用サービス内容が記載されていた。
同社では、ファイルに記載されていた全員に対して説明と謝罪の文書を送り、あわせてメールアドレスを登録している顧客には、同様の電子メールも送信した。

海外開発センター:TopRankers に係る個人情報の流出について
http://www.ohr.jp/press20051013.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×