ハッカーに狙われる国防総省のネットワーク(1)世界最強の米軍を震撼させた男 | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

ハッカーに狙われる国防総省のネットワーク(1)世界最強の米軍を震撼させた男

●史上最悪の米軍システムへのハッキング犯

特集 特集
●史上最悪の米軍システムへのハッキング犯

米軍史上最悪の被害を及ぼしたといわれるイギリス人男性、ゲリー・マッキンノンが6月、再逮捕され、現在、注目を集めている。再逮捕というのは、2002年に一旦逮捕の後、釈放されているためだ。それから約3年の間、事実上、動きがなかった。

マッキンノンについては、2001年2月から2002年3月までの間、米軍関連コンピュータのハッキングを続けていたということで、2002年11月に英国ハイテク犯罪対策部(National Hi-tech Crime Unit:NHTCU)がコンピュータ不正使用法(Computer Misuse Act)の下、逮捕、起訴していた。事件当時は36歳ということだから現在は39歳、逮捕時はロンドン北部に住んでいた。

今になって米国が引渡しを求めているということで、英国メディアも驚き、マッキンノンへのインタビューなど、様々な報道を行っている。英米両国の対応については、2002年、マッキンノンのカレン・トドナー弁護士が「おそらく政治的理由で英国では起訴を行わず、その代わりに米国当局が引渡し請求を行うことができるよう許可をしたのではないか」とBBCに対して語っていた。但し、2002年に逮捕されたマッキンノンが、今になって起訴されるというのはなぜか理由については首をかしげている。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。
https://www.netsecurity.ne.jp/14_3697.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×