Webサイトやネットワークの脆弱性を「人の手」で徹底チェック 危険を事前に回避できるセキュリティ診断サービス | ScanNetSecurity
2022.01.24(月)

Webサイトやネットワークの脆弱性を「人の手」で徹底チェック 危険を事前に回避できるセキュリティ診断サービス

もはや企業の標準的なインフラとなったインターネットを含むネットワークには、さまざまな脆弱性が存在し、それを悪用されると致命的なダメージを受ける危険性がある。そこで活用したいのが「セキュリティ診断サービス」。株式会社ラックのセキュリティ診断サービスは、

特集 特集
もはや企業の標準的なインフラとなったインターネットを含むネットワークには、さまざまな脆弱性が存在し、それを悪用されると致命的なダメージを受ける危険性がある。そこで活用したいのが「セキュリティ診断サービス」。株式会社ラックのセキュリティ診断サービスは、きめ細かな診断と、最新情報、豊富な経験と知識で、セキュリティリスクを徹底的に洗い出す。ここでは事例を交えてサービスの内容をご紹介しよう。

● 潜在的なセキュリティリスクの放置は厳禁

 ネットワークをベースとした企業システムが一般的になり、Webサイトが販売や営業の窓口として大きな割合を占めるようになっている。しかし、インターネットを含むネットワークにはさまざまな潜在的なセキュリティリスクが存在し、それを悪用されると個人情報の漏洩やサイトの改ざん、サーバの停止、乗っ取りなどの攻撃を受ける可能性があり、攻撃によってなりすましによるクレジットカードの悪用など実害につながる可能性も高く、簿外債務の発生や利用者の激減など、致命的な事態に発展しかねない。

 インターネットで提供されるサービスの多様化によって、使用される技術も複雑化している。攻撃する側も次々に新たな手法を編み出し、以前主流であった愉快犯的な攻撃から、ビジネスを目的とした攻撃に変化し、それに伴い質も向上している。これは、たとえば企業のサーバに侵入して盗み出した個人情報が高値で売れるといった、ネット犯罪のビジネス化が影響しているようだ。

【株式会社ラック SNS営業本部 http://www.lac.co.jp/ 】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×