ナイジェリア詐欺で著名プロデューサー失踪 | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

ナイジェリア詐欺で著名プロデューサー失踪

8月、米国の音楽プロデューサーがインターネット詐欺に関与し、失踪する事件があった。

国際 海外情報
8月、米国の音楽プロデューサーがインターネット詐欺に関与し、失踪する事件があった。

8月27日付け『ロサンゼルス・タイムス』によると、これまでに3度グラミー賞の候補に挙がったことのある、プロデューサー、クリスチャン・ジュリアン・アーウィンが行方不明になり、保安官事務所が捜索を続けていた。

アーウィンの友人や家族の話では、このプロデューサーはナイジェリアから米国の口座へ送金をすることで、手数料を支払うというインターネット詐欺に関与していたもようだ。しかし、5万ドルを払い戻すように求められ、そんな金額は支払えないとパニック状態になり、友人に「追われている」と連絡した後、失踪していた。

● 米国で有名なナイジェリア詐欺

アーウィンが騙されたと見られる詐欺は、「ナイジェリア詐欺」と呼ばれ、米国では被害が多く、また古くからあるもので、インターネット詐欺としてはクラシックに近い存在だ。手口は、外国、多くはナイジェリアの政府や軍関係者、あるいは“Chief"、つまり部族の長など、かなりの地位にある人物からとしてe-mailが送られてくる。米国に送金したいが、国の法律で禁じられているので、助けて欲しい。手伝ってくれるなら、幾分かの手数料を支払うということだ。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×