ネットワークに流入するスパムメールを激減させる新アプライアンスを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

ネットワークに流入するスパムメールを激減させる新アプライアンスを発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シマンテックは8月24日、「Symantec Mail Security 8100シリーズ」を発表した。本シリーズは、不要なメールが企業内ネットワークに入る前に、その量を激減させる製品。大企業とISPを主な対象とし、8月中に発売する。運用管理コストやネットワークのボトルネック、メールインフラの費用、ストレージ容量を抑制することが可能となる。メールの流れは自動的にコントロールするが、送信者の実際のふるまいと、同社のSender Reputation Serviceによる送信者評価データがその根拠となる。TCP(Transmission Control Protocol)プロトコルレベルにおいてトラフィックを調整し、保護されているネットワーク内にスパムメールが入り込むのを防ぐ「TCPトラフィックシェーピングテクノロジー」を搭載。また、ネットワークレベルでの送信パターンを客観的に分析することでスパムの発信者を特定し、保護すべきネットワークへのスパム送信を防ぐ。さらに、送信元評価と統計データが自動的にシマンテックからダウンロードされるので、アプライアンスは常に最新の状態に保たれる。

http://www.symantec.com/region/jp/news/year05/050824.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×