近鉄百貨店、阿倍野店の呉服売場から社員が持ち出した顧客リストが紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

近鉄百貨店、阿倍野店の呉服売場から社員が持ち出した顧客リストが紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社近鉄百貨店および株式会社東京ますいわ屋は8月10日、近鉄百貨店阿倍野店7階呉服売場の「東京ますいわ屋」において8月7日、東京ますいわ屋の社員が同ショップから持ち出した顧客リストを紛失したと発表した。紛失したリストには、同ショップで商品を購入した顧客378名分の氏名、住所、電話番号、生年月日、購入金額の個人情報が記載されていた。同社などは、警察に届けるとともに調査を続けているが、現在のところこのリストは発見されていない。また、現時点までに第三者に情報が流出した事実は確認されていないという。現在、該当する顧客に対して個別にお詫びと報告を行っている。

近鉄百貨店、東京ますいわ屋:お詫びとお知らせ
http://www.d-kintetsu.co.jp/abenonews/kokuchi/index2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×