フィルタリングを含むインターネットアクセス制御に関する特許が韓国で成立(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

フィルタリングを含むインターネットアクセス制御に関する特許が韓国で成立(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は8月10日、インターネットを介した外部情報のアクセスを制御する方法に関する特許が、韓国においても成立したと発表した。本特許は、すでに日本、欧米など23ヶ国で成立している。特許の内容は、URLおよびキーワードのブラックリスト、ホワイトリストを組み合わせたインターネットアクセス制御の方法を基本部分としている。請求範囲には基本部分に加え、掲示板などに対する書き込みの制御、アクセス元による制御、曜日や時間帯による制御、アクセス先の特徴データに基づくレポート方法が含まれる。また、Webサイトへのアクセスを制御するWebフィルタリングも本特許の権利範囲となる。これを今後のフィルタリングソフト開発に応用すると、照合の精度を向上させ、新たに発生するサイトへの迅速な対応も可能となる。すでに同社が日本国内で販売を開始している「i-フィルター 4」「i-FILTER Ver.6」の最新版には、この技術を用いたエンジン「ZBRAIN」が搭載されている。

http://www.daj.co.jp/company/release/2005/r081001.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×