最新版情報保護対策ソフト「Digital Guardian 3.0」発売(三井物産セキュアディレクション) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

最新版情報保護対策ソフト「Digital Guardian 3.0」発売(三井物産セキュアディレクション)

三井物産セキュアディレクション株式会社は、情報保護対策ソフトの新バージョン「Digital Guardian 3.0」の国内販売を開始したと発表した。本製品は、ユーザや管理者のPC操作を常時モニタリングし、予め定義したセキュリティポリシーに違反する行為をリアルタイムに自動

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
三井物産セキュアディレクション株式会社は、情報保護対策ソフトの新バージョン「Digital Guardian 3.0」の国内販売を開始したと発表した。本製品は、ユーザや管理者のPC操作を常時モニタリングし、予め定義したセキュリティポリシーに違反する行為をリアルタイムに自動検出、制御を行うソフト。新バージョンでは、ユーザインタフェースが一新され、さらに操作性が向上したほか、エージェントの改良により、さらに詳細なコントロール設定が可能となった。また、Active DirectoryやLDAPとの連携強化、Citrix Presentation Server (旧MetaFrame)およびMS Terminal Serverへの対応なども図った。さらにシンクライアント環境でも操作履歴を管理できるようになり、多言語対応も強化され、OSの言語に応じた画面表示が可能となった。

http://www.mbsd.jp/pdf/1120609387_4787.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×