アプリケーションファイアウォール製品が日本語文字コード対応(F5ネットワークスジャパン) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

アプリケーションファイアウォール製品が日本語文字コード対応(F5ネットワークスジャパン)

F5ネットワークスジャパン株式会社は7月4日、同社のアプリケーションファイアウォール製品「TrafficShield」の日本語文字コード対応版の提供を開始した。TrafficShieldはWebサーバの前に設置し、クラッカーや悪意のある攻撃からWebアプリケーションを保護できる製品。「

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
F5ネットワークスジャパン株式会社は7月4日、同社のアプリケーションファイアウォール製品「TrafficShield」の日本語文字コード対応版の提供を開始した。TrafficShieldはWebサーバの前に設置し、クラッカーや悪意のある攻撃からWebアプリケーションを保護できる製品。「正当」とみなされるトラフィックをあらかじめ設定し、同ポリシーによって定義されたもののみを許可する「ポジティブセキュリティロジック」を採用した。今回、日本語文字コードに対応したことにより、日本語環境におけるよりきめ細かなポリシーの定義が行えるようになったため、日本語文字列の入力内容についてもセキュリティチェックが可能となった。

http://www.f5networks.co.jp/ja/news/press/release050704_00.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×