アプリケーションファイアウォール製品が日本語文字コード対応(F5ネットワークスジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

アプリケーションファイアウォール製品が日本語文字コード対応(F5ネットワークスジャパン)

F5ネットワークスジャパン株式会社は7月4日、同社のアプリケーションファイアウォール製品「TrafficShield」の日本語文字コード対応版の提供を開始した。TrafficShieldはWebサーバの前に設置し、クラッカーや悪意のある攻撃からWebアプリケーションを保護できる製品。「

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
F5ネットワークスジャパン株式会社は7月4日、同社のアプリケーションファイアウォール製品「TrafficShield」の日本語文字コード対応版の提供を開始した。TrafficShieldはWebサーバの前に設置し、クラッカーや悪意のある攻撃からWebアプリケーションを保護できる製品。「正当」とみなされるトラフィックをあらかじめ設定し、同ポリシーによって定義されたもののみを許可する「ポジティブセキュリティロジック」を採用した。今回、日本語文字コードに対応したことにより、日本語環境におけるよりきめ細かなポリシーの定義が行えるようになったため、日本語文字列の入力内容についてもセキュリティチェックが可能となった。

http://www.f5networks.co.jp/ja/news/press/release050704_00.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×