印刷のログなど全てを複製し、保管することで情報漏洩を防ぐシステム(リコー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

印刷のログなど全てを複製し、保管することで情報漏洩を防ぐシステム(リコー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社リコーは6月21日、情報漏洩抑止セキュリティソリューションとして、印刷文書のログから印刷データそのものを全て自動的に複製、保管できるプリントイメージログ収集・検索システム「Ridoc JBPrint」を開発、同日より発売した。価格は、基本ソフトパッケージ(1サーバーライセンスつき)が70万円。本システムを導入することにより、「いつ、誰が、どのような内容の文書を印刷」したかを正確に把握することが可能となり、情報管理に対する意識の向上を促し、不正な印刷を抑止できるようになる。また万一情報漏洩が発生した場合でも、印刷データを再印刷することで情報流出経路の確認が行える。

http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/system/2005/0621.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×