マイクロソフト、メールの設定ミスで116名のアドレスが流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

マイクロソフト、メールの設定ミスで116名のアドレスが流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフトは6月6日、同社の製品である「Microsoft Office System」に関するお知らせメールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したと発表した。これは、メール送信担当者が操作上ミスを起こし、個別に配信するべきところを一斉に配信してしまうという事態が発生したというもの。これにより、116名のメールアドレスが受信者間で相互に表示されてしまう結果となった。同社では、速やかに該当者に連絡を取り、事実通知と謝罪、当該メールの削除を依頼した。


マイクロソフト:電子メールの誤配信について
http://www.microsoft.com/japan/privacy/20050606.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×