責任はどこに?-小売チェーンの情報漏洩-(2) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

責任はどこに?-小売チェーンの情報漏洩-(2)

特集 特集

●業を煮やすカード会社

個人情報盗難がビジネスに与える影響は大きい。2003年の米連邦取引委員会(FTC)の発表では、2002年1年間で1000万人近い市民が個人情報盗難の被害にあったとしている。その結果、金融機関をはじめとするビジネスは480億ドルの損害を受けた。企業のシステム整備、セキュリティ基準の確立などの自己防衛だけではなく、法規制の強化や企業側のみではなく、政府も消費者啓蒙活動に乗り出すなど、被害抑制に努めているが、どんどん悪質化する手口などにより、なかなか成果が出ていないのが実情だ。VISAとMasterCardでは2003年1年間での、詐欺による被害は8億2000万ドルだったと報告している。

このような状況をうけて、米国でクレジットカード会社が小売企業により厳しい責任を課すようになった。これまでカード会社は独自のセキュリティ基準を持っていた。しかし、今年初めにAmerican Express, Diners Club International, Discover, JCB International, MasterCard InternationalそしてVisa Internationalが、Payment Card Industry (PCI)Data Security Standard(支払いカード産業データセキュリティ基準)を整備。12の要求条項を加盟店に伝えた。

要求事項ではPCIは加盟店の責任を明確にしていて、次の内容となっている。

 [安全なネットワークの構築と維持]
  1.データ保護のためのファイアウォールのインストールと維持
  2.システムパスワードなどセキュリティ・パラメータはベンダから供給される設定を用いないこと

 [カード所有者のデータ保護]
  3.保管するデータの保護
  4.カード所有者のデータや機密情報を公のネットワークで送信するときには暗号化すること

 [脆弱性管理プログラム]
  5.最新のウイルスソフトを使用。アップデートも定期的に行うこと
  6.安全なシステム、アプリケーションの開発・維持

 [確固としたアクセスコントロールの実施]
  7.業務で知る必要がある対象のデータへのアクセスの制限
  8.コンピュータへのアクセス権のあるスタッフには特別なIDを割り当てること
  9.データへの物理的アクセスの制限

 [定期的なネットワークのモニターおよびテスト]
  10.ネットワークおよびカード所有者のデータへのアクセスの追跡・監視
  11.セキュリティシステムおよびプロセスの定期点検

 [情報のセキュリティに関する方針維持]
  12.情報セキュリティを明確にする方針を維持

どの条項も詳細に手順など規定されている。例えば、2カードホルダーのデータ保護については非常に厳しく、認証の後は、カードの裏の重要な磁気ストライプの内容や、PINベースの認証値、カード有効性確認コードなど認証データを保管しないとしている。暗号化しても保管は許さない。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssm01_ssmd
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第7回 「三人の容疑者」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  8. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×