メール処理を一元管理できる「Sendmail Mailstream Manager」を発表(センドメール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

メール処理を一元管理できる「Sendmail Mailstream Manager」を発表(センドメール)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

センドメール株式会社は5月17日、メールセキュリティの統合プラットフォーム「Sendmail Mailstream Manager」を発表した。価格はオープンプライスで、6月上旬に出荷予定。本製品は、ウイルス・スパム対策、メールポリシー設定を統合し、一元的に運用・管理できるソリューション。他のSendmailソリューション製品やオープンソースのsendmail以外に、ExchangeやLotus Notesなど既存のメールシステムやグループウェアに容易に組み込んで利用できる。オプションで提供されるSendmailのウイルス・スパム対策ソリューションだけでなく、他ベンダのフィルタリング製品も一元管理できる。メールポリシー設定では、さまざまなメールの条件に応じてアクションを詳細に設定、ビジネス環境の変化に合わせて設定の追加・変更も容易に行える。

http://www.sendmail.com/jp/brochures/final_050517MM.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×