非接触型手のひら静脈認証技術を利用した入室管理を開始(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

非接触型手のひら静脈認証技術を利用した入室管理を開始(富士通)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

富士通株式会社は5月11日、東京大学医学部附属病院の情報部門向けに、非接触型手のひら静脈認証技術を採用した入室管理システムを構築したと発表した。本システムは3月28日よりすでに稼働を開始しており、非接触型手のひら静脈認証技術を採用した入室管理を行うのは、全国の大学および病院において、東大病院が初めてとなる。セキュリティレベルを事務室、開発室、サーバ室の3段階に分け、それぞれの入り口に非接触型手のひら静脈認証装置を設置している。事前に登録した手のひらの静脈パターンと、非接触型手のひら静脈認証装置が読み取った情報を照合することで本人を確認し、入室者を段階的に絞り込んでいる。非接触型手のひら静脈認証装置は、認証精度の高さや装置に接触しないことの安心感があり、また外気温の影響を受けないことや人体の影響がないことなどが特徴となっている。同社では今後、装置の小型に取り組み、多くの環境への対応を目指すとしている。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2005/05/11.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×