MS05-016(Windowsシェル)の脆弱性を狙うRunExplt.AがWord文書を介して実環境で拡散中 | ScanNetSecurity
2021.10.16(土)

MS05-016(Windowsシェル)の脆弱性を狙うRunExplt.AがWord文書を介して実環境で拡散中

サイバーディフェンス社からの情報によると、RunExplt.Aは、MS05-016(Windowsシェル、CVE-ID:CAN-2005-0063)の脆弱性を攻撃するために実装された攻撃コードである。VBSで記述されているため、このコードは他のマイクロソフト製品のドキュメントファイルなどに簡単に挿

製品・サービス・業界動向 業界動向
サイバーディフェンス社からの情報によると、RunExplt.Aは、MS05-016(Windowsシェル、CVE-ID:CAN-2005-0063)の脆弱性を攻撃するために実装された攻撃コードである。VBSで記述されているため、このコードは他のマイクロソフト製品のドキュメントファイルなどに簡単に挿入できる。Word文書を拡散媒体として現在実環境で拡散中である。この文書ファイルを、Microsoft MSHTAの脆弱性に対するセキュリティパッチが適用されていないコンピュータで開くと、ポート88を使用して特定のIPアドレスから不正なファイルがダウンロードされ実行される。


※この情報は株式会社サイバーディフェンス( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【12:28 GMT、4、25、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×