警視庁、ドコモの個人情報流出事件で業務委託先の元社員を逮捕 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

警視庁、ドコモの個人情報流出事件で業務委託先の元社員を逮捕

製品・サービス・業界動向 業界動向

警視庁は4月21日、NTTドコモから携帯電話やPHSの一部ユーザの個人情報が流出した事件で、同社が業務を委託していた企業の元社員の男性(41歳)を威力業務妨害罪の容疑で逮捕した。流出した情報は、2004年10月に新潟県中越地震の被災地域で料金免除措置が行なわれた一部ユーザのものなどで、合計24,632件に及んだ。同社ではデータ流出が判明した直後より、セキュリティ強化の対策を講じているが、今回の逮捕を厳粛に受けとめるとしている。


NTTドコモ:本日(2005年4月21日)の報道についてのお詫び
http://www.nttdocomo.co.jp/info/customer/caution/200542100.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×