他人に成り済まして自殺予告メールなどを送信した被疑者を検挙 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.20(日)

他人に成り済まして自殺予告メールなどを送信した被疑者を検挙

製品・サービス・業界動向 業界動向

警視庁が「ハイテク事件簿」サイトを更新した。これによると警視庁は、他人に成り済まして自殺予告メールなどを送信した被疑者を、不正アクセス禁止法違反で検挙した。被疑者は平成16年12月、自宅のPCから他人のIDとパスワードを使い会員になりすまし、インターネットサービスに接続し、その会員のメールアドレスから、「これから自殺しようと思っています。私のIDおよびパスワードは〇〇です。」などと記載したメールを別のインターネットサービス会社の問い合わせ窓口に送信していた。


警視庁:ハイテク事件簿
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/kenkyo/jiken.htm#170322
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×