個人情報保護法や電子文書法に対応したソリューションを共同で提供(リコー、セコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

個人情報保護法や電子文書法に対応したソリューションを共同で提供(リコー、セコム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社リコーとセコム株式会社は4月18日、オフィスの情報漏洩対策を網羅的に行う「トータルオフィスセキュリティ」を共同で販売していくことで合意したと発表した。協業の第一弾として、セコムの入退室管理システムをリコーのITサービス総合メニュー「ITKeeper」に加え、ユーザニーズに応じてカスタマイズし、6月からリコーグループの販売会社で販売を開始する。また、入退室管理システムのICカードを、プリンタやデジタル複合機を使用する際の個人認証にも活用することで、オフィスへの不審者の侵入防止から、印刷した文書の取り忘れ、取り間違えによる情報漏洩までトータルでセキュリティ対策を提案していく。今後両社は、電子文書法に対応したソリューションも提供していく予定で、ICカードによる個人認証に加え、セコムグループが提供するタイムスタンプサービスや電子認証局も活用し、時刻認証や機器認証などの各種認証、電子署名も行っていく計画だ。

http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/other/2005/0418.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×