法令遵守という課題■第2回■ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

法令遵守という課題■第2回■

●そのほかにできること

特集 特集
●そのほかにできること

法令遵守に向けた取り組みを円滑に進めるために、企業はほかに、どのようなことができるでしょうか。シマンテックでは、セキュリティ・ポリシーを事業戦略と連携させること、従業員教育を積極的に行うこと、および一貫性を持ってポリシーを実施することを推奨しています。さらに、次のようなことも必要でしょう。

* 事業戦略および目的にとって、最重要と考えられる主要な活動やプロセスに特化した、詳細なセキュリティ・ポリシーを制定する。
* 情報インフラのすべてのコンポーネントを保護する、セキュリティ・ベースラインの標準を文書化する。
* システムがポリシー、およびセキュリティ技術標準に準拠しているかどうかを、厳正に評価し、逸脱があれば即座に是正する。
* ポリシーおよび標準が策定された理由について、従業員を教育する(成功の鍵は従業員にあり)。

●予想外の恩恵

法規制と格闘しながらも、予想外の恩恵に目をひらかれる企業もあります。たとえば、InformationWeek の調査では、回答者の 40%が、「法令遵守が何らかの変化のきっかけとなった」と答えています。たとえば HIPAA のプライバシーおよびセキュリティ規制が昨年施行されたことで、一部の医療サービス会社では、電子医療記録システムの導入が促進され、カルテは紛失や誤用が生じやすい紙に替わって、集中型データベースで管理されるようになりました。

株式会社シマンテック
http://www.symantec.co.jp/

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssm01_ssmd
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×