とどまることのない大学からの個人情報漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

とどまることのない大学からの個人情報漏洩

ボストン大学が、ハッカーによるシステム侵入を受けたとして、12万人の卒業生に通知を行った。

国際 海外情報
ボストン大学が、ハッカーによるシステム侵入を受けたとして、12万人の卒業生に通知を行った。

攻撃を受けたコンピュータは大学ではなく、外部業者が運営しているものだ。
住所、社会保険番号といったデータも保存されていて、学生が資金集めなどのために卒業生に連絡するために使用していた。ボストン大学のスポークス・パーソンのジャック・ダン氏によると「通常、氏名と電話番号を調べるもの」で、「多くの大学で同様のサービスを提供している」、すなわちこのような情報を学生が利用できるシステムは珍しいものではないという。

大学側では、ハッカーは別のコンピュータを攻撃するために、侵入したもので個人情報を狙っていたのではないと思われると話しているが、先月の
ChoicePointの事件を受け、警戒措置をとり、該当者に連絡を行った。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】


──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×