徳島県の商業高校で受験者の個人情報を記録したFD紛失を放置 | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

徳島県の商業高校で受験者の個人情報を記録したFD紛失を放置

徳島県立鴨島商業高校は3月17日、前期入試の受験者個人情報を記録したFDが紛失していたと発表した。紛失したのはFD4枚で、2枚に受験生氏名、性別、在籍中学、中学作成の調査書評価点、国語や作文の得点が記録され、ほか2枚には何も書き込まれていなかった。同FDは事務室

製品・サービス・業界動向 業界動向
徳島県立鴨島商業高校は3月17日、前期入試の受験者個人情報を記録したFDが紛失していたと発表した。紛失したのはFD4枚で、2枚に受験生氏名、性別、在籍中学、中学作成の調査書評価点、国語や作文の得点が記録され、ほか2枚には何も書き込まれていなかった。同FDは事務室の金庫にしまわれていたが、資料の出し入れの際にしまい忘れた可能性が高いという。発覚から40日後の発表となったが、これについて同校の校長は「受験生に動揺を与える懸念があった」ためと説明している。


徳島県立鴨島商業高校
http://www.kamosho.ed.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×