セキュリティホール情報<2005/03/17> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

セキュリティホール情報<2005/03/17>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ Symantec DNSdプロキシ──────────────────────
Symantec DNSdプロキシは、細工されたパケットによってキャッシュを汚染されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にホストに不正なアドレスを返答させ偽装される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:Enterprise Firewall 7.0.x, 8.0
VelociRaptor Model 1100/1200/1300 v1.5、Gateway Security 5300シ
リーズ v1.0 5400シリーズ v2.x
影響を受ける環境:UNIX、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽ PunBB──────────────────────────────
PHPベースのBBSであるPunBBは、'email'や'Jabber'フィールドでユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:1.2.3
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ PHPOpenChat───────────────────────────
PHPOpenChatは、ファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコマンドを実行される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:3.0.1以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ page.cgi script─────────────────────────
Andrew Kilpatrickのpage.cgi scriptは、細工されたURLによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコマンドを実行される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ ZPanel──────────────────────────────
本スティングコントロールインタフェースであるZPanelは、細工されたリクエストによってSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.0
影響を受ける環境:Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ VoteBox─────────────────────────────
VoteBoxは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でPHPファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のPHPコードやシステムコマンドを実行される可能性がある。 [更新]
2005/03/16 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ LimeWire─────────────────────────────
Gnutellaネットワーク上で動作するファイル共有アプリケーションであるLimeWireは、magnetリクエストのユーザ入力を適切にチェックしていないことなどが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取されたりディレクトリトラバーサルを実行される可能性がある。 [更新]
2005/03/16 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3.9.6〜4.6.0
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:4.8以降へのバージョンアップ

▽ phpAdsNew────────────────────────────
phpAdsNewは、細工されたURLによって複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にクロスサイトスクリプティングを実行されたりインストレーションパス情報を奪取される可能性がある。
[更新]
2005/03/16 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.0.4-pr1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:パッチのインストール

▽ MaxDB──────────────────────────────
MaxDBは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステムをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2005/03/16 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:7.5.00
影響を受ける環境:Linux、Windows
回避策:7.5.00.24以降へのバージョンアップ

▽ Apache Tomcat──────────────────────────
Apache Tomcatは、AJP12プロトコルのリクエストを適切に処理していないことが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にリクエスト処理を停止される可能性がある。 [更新]
2005/03/15 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:3.x
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:5.x以降へのバージョンアップ

▽ MySQL──────────────────────────────
リレーショナルデータベースサーバであるMySQLは、sql_udg.ccファイルのudf_init () 機能などが原因でシムリンク攻撃を受けるなど複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを上書きされたりシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/03/14 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:4.0.23、4.1.10以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:4.0.24以降へのバージョンアップ

▽ Ethereal─────────────────────────────
ネットワークプロトコルアナライザプログラムであるEtherealは、CDMA2000 A11 RADIUS認証パケットやEtheric、GPRS - LLC、3GPP2 A11、IAPP、JXTA、sFlowが原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行されたりプロセスをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2005/03/10 登録、2005/03/14 更新

危険度:高
影響を受けるバージョン:0.9.1〜0.10.9
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:0.10.10以降へのバージョンアップ

▽ Mozilla Firefox─────────────────────────
Mozilla FirefoxおよびMozilla Suiteは、バッファオーバーフローを引き起こされたりSSL鍵アイコンを偽装されるなど複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたり、証明書の詳細を表示するエラーを返される可能性がある。 [更新]
2005/03/02 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Firefox 1.0.1未満、Mozilla Suite 1.7.6未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:対策版へのバージョンアップ

▽ OpenPGP─────────────────────────────
OpenPGPは、'quick check'機能が原因でデータが漏洩するセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に小さいサイズのプレーンテキストデータを解読される可能性がある。 [更新]
2005/02/15 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽ Webブラウザ───────────────────────────
複数のベンダのWebブラウザは、IDN(International Domain Name)が原因でURLを偽装されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にアドレスバー、SSL証明書、ステータスバーなどに表示されるURLを偽装される可能性がある。 [更新]
2005/02/08 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:Safari 1.2.4〜125.12、Firefox 1.0、
Camino 8.5、Mozilla 1.6、Opera 7.54u1、7.54u2、Netscape 7.2、
Konqueror 3.2.2、、OmniWeb 5.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ PerlDesk─────────────────────────────
メール管理プログラムであるPerlDeskは、kb.cgiスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上で任意のSQLコマンドを実行される可能性がある。 [更新]
2005/02/08 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.x
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ SquirrelMail───────────────────────────
WebメールシステムであるSquirrelMailは、URLを適切に処理していないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/02/04 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.2.6
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽ paFileDB─────────────────────────────
Webベースのファイルダウンロード管理プログラムであるpaFileDBは、細工されたURLリクエストによって複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上でコードを実行されたりインストールパス情報を奪取される可能性がある。 [更新]
2005/02/02 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽ SquirrelMail───────────────────────────
WebメールシステムであるSquirrelMailは、細工されたURLをprefs.phpスクリプトなどに送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/01/25 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.4.3-RC1〜1.4.4-RC1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ GoodTech Systems Telnet Server──────────────────
GoodTech SystemsのTelnet Serverは、バッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:5.0.7未満
影響を受ける環境:Windows
回避策:5.0.7以降へのバージョンアップ

▽ PerlDesk─────────────────────────────
メール管理プログラムであるPerlDeskは、pdesk.cgiスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを閲覧される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.8
影響を受ける環境:Windows
回避策:2以降へのバージョンアップ

▽ PerlDesk─────────────────────────────
メール管理プログラムであるPerlDeskは、細工されたURLリクエストによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意あるファイルを追加される可能性がある。 [更新]
2004/09/15 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽ GoodTech Systems Telnet Server──────────────────
GoodTech SystemsのTelnet Serverは、バッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:5.0.7未満
影響を受ける環境:Windows
回避策:5.0.7以降へのバージョンアップ

▽ PerlDesk─────────────────────────────
メール管理プログラムであるPerlDeskは、pdesk.cgiスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを閲覧される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:1.8
影響を受ける環境:Windows
回避策:2以降へのバージョンアップ

▽ PerlDesk─────────────────────────────
メール管理プログラムであるPerlDeskは、細工されたURLリクエストによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意あるファイルを追加される可能性がある。 [更新]
2004/09/15 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

<UNIX共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ KAME Racoon───────────────────────────
キー管理デーモンおよびipsecツールパッケージであるKAME Racoonは、細工されたISAKMPヘッダによってDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にISAKMPサービスをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2005/03/16 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽ OpenSLP─────────────────────────────
OpenSLPは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/03/16 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.2.1未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:1.2.1以降へのバージョンアップ

▽ KDE KPPP─────────────────────────────
KDE KPPPは、特権のあるファイルを適切に処理していないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にドメインネームリゾリューション機能を乗っ取られる可能性がある。
[更新]
2005/03/02 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.1.2以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:KDE3.1へのバージョンアップ

▽ cURL───────────────────────────────
cURLは、Curl_krb_kauth機能やkrb4_auth機能などが原因でKerberos認証やNTLM認証時にスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に権限を昇格されシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/02/23 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:7.12.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:公表されていません

▽ Squid Web Proxy Cache server───────────────────
WebプロキシソフトウェアであるSquid Web Proxy Cache serverは、FQDNルックアップ処理が原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2005/02/17 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.5STABLE5-〜8
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:パッチのインストール

▽ Postfix─────────────────────────────
Postfixは、IPv6のコードを適切に処理していないことが原因でセキュリティ制約事項を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/02/07 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:各ベンダの回避策を参照

▽ Xpdf───────────────────────────────
Xpdfは、Decrypt::makeFileKey2機能が原因で細工されたPDFファイルによってバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2005/01/20 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:3.00pl3未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:3.00pl3以降へのバージョンアップ

▽ Xpdf───────────────────────────────
Xpdfは、xpdf/Gfx.ccのGfx::doImage() 関数が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
2005/01/05 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:3.0以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:3.0以降へのバージョンアップ

▽ Ringtone Tools──────────────────────────
Ringtone Toolsは、parse_emelody.cのparse_emelody () 機能が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2004/12/17 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:2.22
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:公表されていません

<Linux共通>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ KDE───────────────────────────────
KDEは、DCOP(Desktop Communication Protocol)デーモンが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に別のユーザのdcopserverを確保される可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:3.4未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:3.4以降へのバージョンアップ

▽ Linux Kernel ppp─────────────────────────
Linux Kernelは、ppp_async.cドライバのLCP(Link Control Protocol)処理が原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にサーバをクラッシュされる可能性がある。
2005/03/17 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.4.x、2.6.9
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.6.11.4以降へのバージョンアップ

▽ LuxMan──────────────────────────────
Linux向けのゲームであるLuxManは、バッファオーバーフローを引き起こされる未知のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
[更新]
2005/03/15 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:Linux
回避策:各ベンダの回避策を参照

▽ KDE───────────────────────────────
KDE(K Desktop Environment)は、dcopidlngスクリプトが不安定な一時ファイルを作成することが原因でシムリンク攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上の任意のファイルを上書きされる可能性がある。 [更新]
2005/02/16 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3.3.2
影響を受ける環境:Linux
回避策:対策版へのバージョンアップ

▽ Cyrus-SASLライブラリ───────────────────────
Cyrus-SASLライブラリは、バッファオーバーフローを引き起こされるなど複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルあるいはリモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2004/10/08 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:
影響を受ける環境:Linux
回避策:各ベンダの回避策を参照

<IBM-AIX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ IBM WebSphere Commerce Suite───────────────────
IBM WCS(WebSphere Commerce Suite)は、servletキャッシュの使用時にセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にカスタマログオンIDなどの機密情報を奪取される可能性がある。 [更新]
2005/03/16 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:5.5、5.6、5.6.0.1
影響を受ける環境:IBM AIX
回避策:パッチのインストール

<リリース情報> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ KDE───────────────────────────────
KDE 3.4がリリースされた。
http://www.kde.org/

▽ DeleGate─────────────────────────────
DeleGate 8.11.1がリリースされた。
http://www.delegate.org/delegate/

▽ Linux kernel 2.6.x 系──────────────────────
Linux kernel 2.6.11-ac4がリリースされた。
http://www.kernel.org/

▽ Linux kernel 2.6.x 系──────────────────────
Linux kernel 2.6.11-mm4がリリースされた。
http://www.kernel.org/

<セキュリティトピックス> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ トピックス
総務省、テレワークセキュリティに関する調査研究会(第4回)議事要旨(案)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/telework/041215_1.html

▽ トピックス
@police、インターネット治安情勢を更新
http://www.cyberpolice.go.jp/detect/

▽ トピックス
NTTドコモ、FOMAの交換機故障による一部通話が無音状態となる事象について
http://www.nttdocomo.co.jp/info/customer/caution_s/200531700.html

▽ サポート情報
トレンドマイクロのサポート情報がアップされている。
2005/03/16 更新
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/newsolution.asp

▽ 統計・資料
JPNIC、JPNICが管理するIPアドレスに関する統計を更新
http://www.nic.ad.jp/ja/stat/ip/20050315.html

▽ ウイルス情報
トレンドマイクロ、WORM_ELITPER.C
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_ELITPER.C

▽ ウイルス情報
シマンテック、Trojan.Eaghouse
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-trojan.eaghouse.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、VBS.Scafene@mm
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-vbs.scafene@mm.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、W32.Randex.CZZ
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-w32.randex.czz.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、W32.Serflog.C
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-w32.serflog.c.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、Trojan.StartPage.M
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-trojan.startpage.m.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、Trojan.StartPage.L
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-trojan.startpage.l.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、PWSteal.Reanet.B
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-pwsteal.reanet.b.html

▽ ウイルス情報
シマンテック、PWSteal.Secucent
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-pwsteal.secucent.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Domwis-I (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32domwisi.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Bancos-BQ (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojbancosbq.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YE (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotye.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Dloader-JN (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojdloaderjn.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YF (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyf.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Agobot-QY (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32agobotqy.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Agobot-QZ (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32agobotqz.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Dloader-JI (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojdloaderji.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Linux/Thebe-A (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/linuxthebea.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Forbot-EU (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32forboteu.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YB (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyb.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YG (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyg.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YH (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyh.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Sdbot-VX (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32sdbotvx.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Sdbot-VY (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32sdbotvy.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Nice-A (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojnicea.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YI (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyi.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YJ (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyj.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/BagDl-Gen (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojbagdlgen.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Elitper-Gen (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32elitpergen.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Myfip-K
http://www.sophos.co.jp/virusinfo/analyses/w32myfipk.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Dloader-JM (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojdloaderjm.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Small-DN (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojsmalldn.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/BankAsh-C (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojbankashc.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Poebot-J (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32poebotj.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、W32/Rbot-YD (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/w32rbotyd.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Istbar-AT (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojistbarat.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Agent-CL (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojagentcl.html

▽ ウイルス情報
ソフォス、Troj/Dloader-JL (英語)
http://www.sophos.com/virusinfo/analyses/trojdloaderjl.html

▽ ウイルス情報
マカフィー、Adware-Adroar
http://www.nai.com/japan/security/virA.asp?v=Adware-Adroar

▽ ウイルス情報
マカフィー、Adware-RBlast.dll
http://www.nai.com/japan/security/virA.asp?v=Adware-RBlast.dll

▽ ウイルス情報
マカフィー、Adware-Websearch
http://www.nai.com/japan/security/virA.asp?v=Adware-Websearch

◆アップデート情報◆
───────────────────────────────────
●Gentoo Linuxが複数のアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Gentoo Linuxがringtonetools、curl、mysqlのアップデートをリリースした。
このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。

Gentoo Linux
http://www.gentoo.org/

───────────────────────────────────
●Mandrake Linuxがkdelibsおよびcyrus-saslのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Mandrake Linuxがkdelibsおよびcyrus-saslのアップデートをリリースした。
このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。

MandrakeSoft Security Advisory
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/

───────────────────────────────────
●SuSE LinuxがMozilla Firefoxのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 SuSE LinuxがMozilla Firefoxのアップデートをリリースした。このアップ
デートによって、Mozilla Firefoxにおける複数の問題が修正される。

SuSe Security Announcement
http://www.suse.de/de/security/

───────────────────────────────────
●RedHat Linuxが複数のアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 RedHat Linuxがtetex、postfix、squidのアップデートパッケージをリリー
スした。このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。

RedHat Linux Support
http://rhn.redhat.com/errata/

───────────────────────────────────
●Debianがsquirrelmailのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Debianがsquirrelmailのアップデートをリリースした。このアップデートに
よって、squirrelmailにおける複数の問題が修正される。

Debian Security Advisory
http://www.debian.org/security/

───────────────────────────────────
●Conectiva Linuxがkdenetworkのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
 Conectiva Linuxがkdenetworkのアップデートをリリースした。このアップ
デートによって、ローカルの攻撃者にドメインネームリゾリューション機能を
乗っ取られる問題が修正される。

Conectiva Linux
http://distro.conectiva.com/atualizacoes/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  5. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  7. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×