ジンバブエ政府のウェブサイト改ざん | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

ジンバブエ政府のウェブサイト改ざん

 ジンバブエ共和国で政府のウェブサイトがハッカーの攻撃を受け、改ざんされ、現在諜報機関が調査中だ。

国際 海外情報
 ジンバブエ共和国で政府のウェブサイトがハッカーの攻撃を受け、改ざんされ、現在諜報機関が調査中だ。

 事件は、英国のハッカーの犯行声明を受け、『New Zinbabwe.com』が、政府ウェブサイトがダウンしているのを確認したものだ。『New Zinbabwe.com』の電話インタビューに対して、ハッカー側は「ウェブを改ざんして『ムガベ大統領は暴君だ』といったスローガンに書き換えた。全サイトをこのスローガンにしてしまうのが目標だ」と話している。

 さらにハッカー側は強気で「政府サイト全体が機能停止したとき、目標はほぼ達成するところであり、インターネットのセキュリティレベルは低いので、引き続き攻撃を続ける」という。ウェブサイトは1月31日から2日間ほどサービスを停止していたが、2月3日現在、回復している。

 ジンバブエは1980年にムガベ大統領が就任し、イギリス植民地時代に続く白人政権を破り独立した。しかし、同大統領は20年以上にわたり政権を維持しており、公正な選挙が行われていないなど、白人に対する圧政により、国際社会からも強い批判を受けている。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×