SoftEther CA 1.1とUSBトークンを組み合わたVPNセキュリティソリューションを発表(三菱マテリアル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

SoftEther CA 1.1とUSBトークンを組み合わたVPNセキュリティソリューションを発表(三菱マテリアル)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 三菱マテリアル株式会社は、SoftEther VPN技術をもとにした仮想LAN構築システム「SoftEther CA 1.1」を3月より販売すると発表した。また、これと同時に、同システム上での飛天ジャパンのUSBトークン「ePass1000」の動作を確認。両製品を組み合わせ、USBトークン内に格納された電子証明書を利用することで、従来より簡易にVPNが導入できるとともに高度なセキュリティを実現可能と発表した。両社製品の組合せによるVPNセキュリティーソリューションは、3月のシステム販売開始と同時に提携特約店から提供される予定。なお、同社は、現在開発中の次世代の仮想ネットワーク構築ソフト「SoftEtherVPN2.0」の製品版にも認証デバイス対応機能を盛り込み、今夏以降に販売開始する予定。

http://www.mmc.co.jp/japanese/corporate/news/news20050131-2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×