指紋認証に対応した統合認証サービス「NET BUREAU」を発表(京セラコミュニケーションシステム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

指紋認証に対応した統合認証サービス「NET BUREAU」を発表(京セラコミュニケーションシステム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 京セラコミュニケーションシステム株式会社は2月1日、指紋認証に対応した、統合認証サービス「NET BUREAU」の新バージョンを発表した。本製品は、従来のPINコードによる個人認証を、USBキーに付属した指紋認証機能を利用することで、指紋が合致しなければイントラネットにアクセスできない環境を構築するもの。指紋を活用することでイントラネットへアクセスする個人を特定することができ、万一USBキーを紛失した場合でも第三者に利用される心配がなく、不正アクセスを防ぐことが可能となる。また、ユーザはパスワードなどを管理する必要がなく、パスワード忘れや漏洩の心配もなくなる。指紋認証機能付きUSBキーはオープン価格となっており、NET BUREAUの月額料金は1IDあたり1,890円。

http://www.kccs.co.jp/press/release/050201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×