Microsoft IEのActiveXの問題によりWindows XP SP2のセキュリティが回避される脆弱性が見つかる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Microsoft IEのActiveXの問題によりWindows XP SP2のセキュリティが回避される脆弱性が見つかる

製品・サービス・業界動向 業界動向

 サイバーディフェンス社からの情報によると、マイクロソフト社のIE(Internet Explorer)のHelp ActiveX Control(hhctrl.ocx)に、リモートから攻撃可能な脆弱性が見つかった。これにより、リモートから任意のコードが実行される可能性がある。Windows XP SP2とIEの新しい累積的なセキュリティアップデートでは、アクティブスクリプトのセキュリティに関連する数多くの改良が行われている。しかし、設計上の欠陥により、ユーザの操作を介さずに、リモートから任意のスクリプトコードが実行される可能性がある。


※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【13:39 GMT、1、13、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×