米Microsoft、Windows用のスパイウェア対策ソフトのベータ版を公開 | ScanNetSecurity
2022.12.03(土)

米Microsoft、Windows用のスパイウェア対策ソフトのベータ版を公開

 米Microsoft社は1月6日、Windows用のスパイウェア対策ソフト「Windows AntiSpyware」のベータ版を公開した。本ソフトは、同社が昨年12月に買収した米GIANT Company Software社が開発したもの。システムないにスパイウェアがあるかどうかを検索し、検知したプログラムが

国際 海外情報
 米Microsoft社は1月6日、Windows用のスパイウェア対策ソフト「Windows AntiSpyware」のベータ版を公開した。本ソフトは、同社が昨年12月に買収した米GIANT Company Software社が開発したもの。システムないにスパイウェアがあるかどうかを検索し、検知したプログラムが悪質なものかどうかをデータベースを参照して判断できる。現在のところ英語版のみの提供で、対応OSはWindows 2000、XP、2003となっている。


Microsoft Windows AntiSpyware (Beta)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=321cd7a2-6a57-4c57-a8bd-dbf62eda9671&DisplayLang=en
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×