11月度のスパムインデックスを発表(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

11月度のスパムインデックスを発表(英クリアスウィフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 英クリアスウィフトは12月14日、2004年11月度のスパムインデックスを発表した。レポートによると11月のスパムの内訳はヘルスケア関連が48.62%ともっとも多く、続いて直販商品が27.20%、金融関連9.68%、ポルノ関連3.29%、フィッシング詐欺1.55%、スパム関連0.02%、その他9.42%という結果になっている。11月の特徴として、アダルト関連スパムの新たな手口が登場したことをあげている。これは、電子メールの受信者宛に成人向け映画産業への投資を呼びかけるもので、100億ドル規模と言われる米国のアダルト市場での成功を約束する内容になっている。クリアスウィフトは「この種のスパムは迷惑メール全体の3%に過ぎないが、同じスパム行為である悪名高い419詐欺と並んで、反応しやすい受信者に対して最も大きな悪影響を与える危険性がある」と述べている。一方で、ロレックス詐欺を真似た手口がこの数週間で発見されており、11月のインデックスでは6%だが、現在ではスパムの14%を占めている。また、これからの時期、年末年始にかけて、クリスマス商戦を狙ったスパムが増加しているという。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/index.php?f=041214.dat
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×