サイバースペースのプライバシー問題、国境を越える | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

サイバースペースのプライバシー問題、国境を越える

カナダのプライバシー問題についての市民団体が、米国企業がサイバースペースから個人情報を収集、販売しているとして、苦情の申し立てを行ったことが明らかになった。

国際 海外情報
カナダのプライバシー問題についての市民団体が、米国企業がサイバースペースから個人情報を収集、販売しているとして、苦情の申し立てを行ったことが明らかになった。

 これはカナダ・インターネット政策・公益クリニック(Canadian Internet Policy and Public Interest Clinic - CIPPIC)が、同国のプライバシー・コミッショナーに対し、米国、ワイオミング州に本拠を置くアビカという企業が、そのホームページでカナダ人の個人情報を販売していることに抗議したものだ。最近、デジタルファイルが国境を越えて、流出していることが問題になりつつある。重要な情報の使用を規制するのが、複数の国家間になるとさらに困難になることを再確認したものだ。

 CIPPICでは、アビカは不適切な目的でカナダ人の個人情報を集め、当人の知らないところで、あるいは合意なしで公開することを禁じた、個人情報保護および電子書類法に違反しているとしている。「アビカは情報を誰が、そしていかに使用するか管理することができないし、情報の多くは誤りだ」とCIPPICのフィリッパ・ローソン事務局長は指摘する。

 アビカは個人の経歴、心理分析、犯罪暦、婚姻暦などの個人情報をウェブサイトで提供。医師や弁護士の免許証の確認、恋人や配偶者に関する情報、従業員の職歴確認を行うとしている。同社ホームページによれば、経歴チェックについては公共の記録を下に検索した情報で、対象者の国籍は米国のほかに、カナダ、英国、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、アイルランド、日本、香港、台湾、シンガポールだという。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×