10月のスパムインデックスを発表(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

10月のスパムインデックスを発表(英クリアスウィフト)

 英クリアスウィフト社は11月9日、2004年10月のスパムインデックスを発表した。スパムインデックスの内訳はヘルスケア関連が46.9%と依然として多く、以下、ダイレクト販売が20.8%、ファイナンスが10.2%と続いていており、電子メールユーザの弱みを商品の販売に利用し

製品・サービス・業界動向 業界動向
 英クリアスウィフト社は11月9日、2004年10月のスパムインデックスを発表した。スパムインデックスの内訳はヘルスケア関連が46.9%と依然として多く、以下、ダイレクト販売が20.8%、ファイナンスが10.2%と続いていており、電子メールユーザの弱みを商品の販売に利用しようとする動きがスパマーの間で活発化している事実が明らかとなった。また、スパマーは、分野ごとにさまざまな手口を使ってウイルスを拡散させ、コンピュータを制御して受信者から現金を引き出そうとしているという。クリアスウィフトのテクニカルディレクタ Alyn Hockeyは、「スパマーは私達の弱みを標的にしようとしています。彼らの成功率は決して高いものではありませんが、手口が次第に巧妙化していることを考えると、企業はスパムをフィルタリングする堅牢な電子メールセキュリティソフトウェアをもっと活用すべきではないでしょうか」と述べている。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/index.php?f=041109.dat
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×