総務省の要望で長野住基ネット実験の発表中止 発表者のWEBで資料を公開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.14(火)

総務省の要望で長野住基ネット実験の発表中止 発表者のWEBで資料を公開

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
★好評につき期間延長!11/30まで! 年間法人ライセンス大幅ディスカウント
……「Scan Security Management(SSM)」 ┃ 102,900円 → 15,750円 ┃
……………「Scan Security Wire(SSW)」 ┃ 102,900円 → 15,750円 ┃
SSM: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ssm01_netsec
SSW: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ssw01_netsec
───────────────────────────────────


 11月12日に開催された国際技術セミナーpacsec.jp/core04 において、予定されていた長野県の住基ネット実験テストの内容に関する発表が総務省の要望により中止されたことがわかった。この発表は、当時実験を担当したイジョビ・ヌワー氏が発表する予定であったが、総務省の要望により急遽中止となった。イジョビ・ヌワー氏は自身の blog 上で経緯および準備していた当日のプレゼンテーションファイルなどを公開している。

イジョビ・ヌワー氏のblog
http://www.ejovi.net/

日本語のプレゼンテーション資料
http://www.ejovi.net/JUKI_JPN.ppt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×