韓国BMW社がセキュリティ・インフラ強化で「Firebox X」を追加採用(米WatchGuard) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.14(火)

韓国BMW社がセキュリティ・インフラ強化で「Firebox X」を追加採用(米WatchGuard)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米WatchGuard社は、自動車メーカーの韓国BMW社がセキュリティ・インフラに「Firebox X」を追加採用したと発表した。韓国内の支店網の拡大を支援するため、追加のVPNを提供できるとしたセキュリティ・ベンダ数社について調査を行った結果、ADSL網上でデータ転送する際のVPN機能の信頼性が優れていたというのが今回評価された主な理由で、Fireboxのフルモデル・アップグレード機能を利用してハードウェアの交換をせずに、ソフトウェア・ライセンス・キーを適用することでアップグレードし、パフォーマンス、能力、機能の強化を図っている。

http://www.watchguard.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×