SBCを使ったWindowsセキュリティシステム構築で協業(日本高信頼システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

SBCを使ったWindowsセキュリティシステム構築で協業(日本高信頼システム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本高信頼システム株式会社(JTS)、株式会社ネットワールド、インフォコム株式会社の3社は10月21日、セキュリティ対策ソリューションの提供において協業すると合意した。同ソリューションは、JTSの技術サポートとインフォコムのセキュアOS「PitBull Protector Plus」、ネットワールドのシンクライアント「WYSE」、サーバ・ベースド・コンピューティング(SBC)をベースとしたもの。アプリケーションやデータがサーバ内に集約されてしまうことによるセキュリティリスクをセキュアOSで回避し、サーバ・クライアント・通信と3方向からのセキュリティ対策を実現する。またJTSは、同ソリューションのサーバに、日本ストラタステクノロジー株式会社のフォールト・トレーラントシステムサーバを採用し、サーバ側のハードウェア的な信頼性確保にも対応した。

http://www.jtsl.co.jp/japanese/press/20041021.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×