Milter APIによるSendmailのアンチウイルス5.0を発表(Kaspersky Lab) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

Milter APIによるSendmailのアンチウイルス5.0を発表(Kaspersky Lab)

 Kaspersky Lab社は10月15日、新製品としてMilter APIに対応したSendmail用のアンチウイルス5.0をリリースした。本製品は、LinuxあるいはUnixサーバでのメール通信を保護するもので、MTAであるSendmailを保護するとともに、そのコンテンツマネージメント(Milter) APIに

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Kaspersky Lab社は10月15日、新製品としてMilter APIに対応したSendmail用のアンチウイルス5.0をリリースした。本製品は、LinuxあるいはUnixサーバでのメール通信を保護するもので、MTAであるSendmailを保護するとともに、そのコンテンツマネージメント(Milter) APIにも対応する。このインタフェースは、Sendmailによって送られたメールメッセージに対し、外部プログラムでの操作が可能で、メールメッセージのMETAデータやメール本文への追加処理や編集が可能となっている。また、すべてのメールの受信及び返信はウイルス侵入を完全にモニタ、分析し、ウイルスを解析、駆除することでウイルスがシステム全体に拡がるのを未然に防止する。

http://www.kaspersky.co.jp/news.html?id=75
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×