高まるサイバー戦の脅威 北朝鮮500名のハッカーを訓練。サイバー戦に備える | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

高まるサイバー戦の脅威 北朝鮮500名のハッカーを訓練。サイバー戦に備える

国際 海外情報

 10月4日、韓国国防省が、国会の国防委員会に提出した資料で、「北朝鮮人民軍が米国に対するサイバー戦をしかけるために500名以上のハッカーを養成。情報戦の能力は先進国レベルに達したと考えられる。」と報告した。

 軍事ハッカーは金日成軍事大学の優秀な学生を5年間、トレーニングしたもので、日本、米国、韓国のコンピュータシステムに侵入して、諜報活動を行っている。


●核兵器開発機関もウイルス被害

 実際、今年はじめには、国会や国防科学研究所、国防研究院、原子力エネルギー研究所、海洋警察庁をはじめとする韓国国家機関のコンピュータ211台が攻撃され、ウイルスの被害を受けた。国防科学研究所では軍事設備の研究、開発を行い、国防研究院は国防政策を策定するなど、非常に重要な機関が狙われた。

 韓国は、ブロードバンドの使用が世界最高レベルであること、そしてインターネットにおけるセキュリティが遅れ気味であることから、サイバー攻撃にあいやすいと言われている。その脆弱さから、韓国を経由したハッキングが多いのも事実だ。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×