8月のスパムインデックスを発表、アジア言語のスパムが大幅に増加(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

8月のスパムインデックスを発表、アジア言語のスパムが大幅に増加(英クリアスウィフト)

 英クリアスウィフトは、スパムの防衛網を回避する最新の手口として、中国語や日本語、韓国語などの2バイト文字をベースとするスパムが大幅に増加していると発表した。このような種類のスパムが最近増加している背景には、スパマーがアジア地域で高いレスポンスを獲得し

製品・サービス・業界動向 業界動向
 英クリアスウィフトは、スパムの防衛網を回避する最新の手口として、中国語や日本語、韓国語などの2バイト文字をベースとするスパムが大幅に増加していると発表した。このような種類のスパムが最近増加している背景には、スパマーがアジア地域で高いレスポンスを獲得している可能性があり、実際、スパマーが地域に限定した商品を用意し、これらの国々から極東諸国に向けてより多くの迷惑メールを発信しているという。クリアスウィフトのリサーチ・ディレクター、Alyn Hockeyは「この種の新しいスパムを初めて確認したのは6月のことで、8月の最後の数日間で、至る場所に出現した。この急増により、8月のスパムの10パーセントは、2バイト文字を使ったスパムが占めるものと考えられる」とコメントした。

http://www.clearswift.co.jp/news/PressReleases/index.php?f=040920.dat

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×