シカゴの大規模病院が相次いでRSA SecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

シカゴの大規模病院が相次いでRSA SecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは8月30日、シカゴ地域の大規模病院で、RSA SecurIDを使って認証を強化していると発表した。これは、医師がセキュリティの整った環境で患者の医療情報にリモート、またはモバイルでアクセスできるようにするとともに、コストの削減と医療保険の相互運用

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは8月30日、シカゴ地域の大規模病院で、RSA SecurIDを使って認証を強化していると発表した。これは、医師がセキュリティの整った環境で患者の医療情報にリモート、またはモバイルでアクセスできるようにするとともに、コストの削減と医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA: Health Insurance Portability and Accountability Act)を遵守する患者のプライバシー保護を進めるため。たとえば、従来はパスワードの管理や定期的なリセットに高いコストがかかっていたが、RSA SecurID二要素認証を組み合わせることにより、医師と看護師に30以上の異なるアプリケーションへのセキュア・リモート、モバイル・アクセスを容易に提供できたという。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200408301.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×