過去1年間のスパムの傾向をまとめたスパムインデックスを発表(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

過去1年間のスパムの傾向をまとめたスパムインデックスを発表(英クリアスウィフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 英クリアスウィフトは7月14日、過去12ヶ月におけるスパムの変化をまとめた「スパムインデックス第13号」を発表した。レポートによると、この12ヶ月でスパムの傾向がアダルトや金融、ヘルスケア、直販関連から金融、製薬関連に変化しており、今では最大で全スパムの69.6%(前年同期は39.2%)を金融、製薬関連のスパムが占めているという。アダルト関連のスパムは前年同期の21.8%から今回は4.8%に低下している。初期のスパムの大半は低コストで法的規制を受けないマーケティング手段として利用されていたが、昨今では組織化した犯罪者集団が活動の場としており、Webフィッシングなどの金融詐欺、海賊版ソフトなど違法商品のブラックマーケットの役割も果たし、違法で悪質な活動のチャネルとして利用されているという。

http://www.clearswift.co.jp/news/press_040714.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×