事例研究:フィルタリング・ソリューションの導入の実例 −大手学校法人の場合− | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

事例研究:フィルタリング・ソリューションの導入の実例 −大手学校法人の場合−

特集 特集

■Websense Enterprise(r)の導入で保護者の皆様が安心できる児童・生徒の適切なインターネット利用を促進

 小・中学校へのフィルタリングソリューションは実はかなり以前からその導入が進んでいる。ホームページや掲示板、チャットなどインターネットのコンテンツの利用・閲覧に起因するショッキングな事件が世間を驚かすことが増える昨今、学校でのインターネットの利用の管理についての関心が高まっているかのような印象を受けることが多いが、日本市場において最もこうしたインターネットのアクセス管理に先鞭をつけたのは学校教育の現場なのである。また、学校がいかに安全なインターネット学習環境を生徒に提供できるかは少子化が叫ばれるなか、学校の極めて重要な戦略課題であり、先進的な学校では既にかなり進んだインターネット環境を装備している。


■コンピュータを導入した先進的な教育環境

 東京都郊外に位置する当学校法人は幼稚園から高等部までの児童・生徒が新しい教育環境であるコンピュータ・ネットワークを使い、教科書では得られない生きた情報に触れられるように、高速インターネット接続可能なコンピュータ端末を導入している。その中心となっているのが、CHaT Netという当独自のコンピュータネットワークである。当学校法人の教育信条を新しい教育環境であるコンピュータ・ネットワークを使って実現することを目的に1998年にスタートした。

 学校内には各教室にパソコンが配置され、さらに45台のパソコンを配備したコンピュータ教室が小学部に一つ、中学部に二つ、高等部に三つある。海外には海外研修用の宿泊施設を保有し、この施設にも20台のPCを設置している。これらを合わせ、現在合計約800台のパソコンがネットワークに接続し、7台のサーバで構築され、約8,000名のユーザが利用している。


■保護者が安心できるインターネットアクセス環境を実現

 当学校法人では、教育に積極的にインターネットを活用する先進校であるだけでなく、児童・生徒が適切にインターネットを利用できるようにインターネット管理ソフトウェアの導入を検討し、ウェブセンス社の従業員/学生・生徒インターネット管理ソフトウェア「Websense Enterprise」の導入を1999年4月に決定した。ウェブセンス社のソフトウェアは学校や企業が、児童・生徒や従業員のインターネット利用をきめ細かく管理し、生産性を向上させる。特に学校の場合にはインターネット上の有害なコンテンツから児童や生徒を守るという観点からの極めて高い効果が期待できるのである。

 当学校法人CHaT Netセンターの担当者は導入に至った経緯を以下に述べている。「当校では教室で学ぶだけでなく、世界全体が教室となり、生きた情報に触れることができるインターネットを積極的に利用しており、すでに、インターネットは児童・生徒にとっての学習ツールとなっています。そうした取り組みが認められ、数々の賞も受賞いたしました。一方で、児童・生徒がインターネットを利用する場合に予想される数々の問題にも対処しなくてはなりません。その一つが教育上好ましくないサイトへのアクセスです。それを解決したのがウェブセンス社の『Websense Enterprise』でした。」


<貴社でも30日間無料体験版(機能制限無し)を是非お試しください>
==================================================================
⇒ウェブセンスエンタープライズVer.5.2の詳細は?
  http://www.websense.co.jp/products/
⇒ウェブセンスエンタープライズVer.5.2を今すぐ評価するには?
 詳しくは下記30日間無料体験版(機能制限なし)ダウンロードサイトへ
http://www.websense.com/downloads/?Lang=Japanese
尚、ダウンロードされる際、「Websenseをご利用になる形態の選択」で
「スタンドアロンサーバー」を選択頂くと、ご自分のデスクトップで手軽
にGUI、設定方法などをお試しいただけます。
==================================================================
ウェブセンスホームページ http://www.websense.co.jp
お問い合わせは mailto:japan@websense.com


(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第7回 「三人の容疑者」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  8. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×