IE の深刻な脆弱性、完全に修正されず | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

IE の深刻な脆弱性、完全に修正されず

国際 海外情報

John Leyden
2004年7月2日(金)17:07 GMT

 Microsoft は今日、Internet Explorer(IE)にある深刻な脆弱性を阻止するための回避策を公開した。ハッカーはその深刻な脆弱性を悪用して、人気のある Web サイトをウイルス感染用の媒体にする恐れがある。

 今日公開された Windows XP、Windows Server 2003 および Windows 2000 オペレーティング・システムに対する設定変更は IE にある既存の問題を修正しないが、Download.Ject 攻撃から守るものだ。それらの設定変更は現在、Microsoft の Download Centre そして Windows Update を介して入手可能である。Microsoft はより包括的な修正プログラムを提供すべく一連のパッチ作成に取り組んでいるが、それらがいつ利用可能となるかは不明だ。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×