6月の「ウイルス報告件数ランキング」を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

6月の「ウイルス報告件数ランキング」を発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは7月7日、2004年6月の「ウイルス報告件数ランキング」を発表した。国内における6月の1位は「W32.HLLW.Gaobot.Gen」で被害報告件数483件、2位は今月発生した「Trojan.Ecure」で181件、3位は「VBS.Redlof.A」で160件。4位以下はSasser、Netsky、Bu

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは7月7日、2004年6月の「ウイルス報告件数ランキング」を発表した。国内における6月の1位は「W32.HLLW.Gaobot.Gen」で被害報告件数483件、2位は今月発生した「Trojan.Ecure」で181件、3位は「VBS.Redlof.A」で160件。4位以下はSasser、Netsky、Bugbearが占めているが、「W32.HLLW.Gaobot.Gen」はワールドワイドでも1位となっている。Gaobotは、感染すると、セキュリティ製品の正常な動作を止め、さらにバックドアを仕掛けるなどの二次被害を起こす。しかし定義ファイルの更新およびパッチが適用されていれば確実に防げるワームであり、的確な対策を施すよう注意を促している。また、6月末には、Scob(スコッブ)やDownload.Ject(ダウンロードジェクト)など、Windows版インターネットエクスプローラおよびIIS(Internet Information Services)サーバの脆弱性を悪用するトロイの木馬の被害が報告されている。これらのトロイの木馬が埋め込まれたWebサイトはすでに閉鎖されているため、そこから被害が広がる心配はないが、亜種の作成や発信元サイトのコピーなどにより、新たな攻撃が始まる可能性があるという。

http://www.symantec.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×