Internet Explorerに500枚以上印刷してしまう不具合が確認された | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

Internet Explorerに500枚以上印刷してしまう不具合が確認された

──────────────────────────────〔Info〕─ 【頻発する情報漏えい事件 その多くは組織内部の犯行だと言われています】                   ~~~~~~~~~~~~~~┏━  ≫組織内部の犯行防止/抑止           ┃Prom

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
【頻発する情報漏えい事件 その多くは組織内部の犯行だと言われています】
                  ~~~~~~~~~~~~~~┏━
 ≫組織内部の犯行防止/抑止           ┃PromiScan Ver3.0J
 ≫組織内部から犯罪者を出さないために        SANS/FBI推奨  ┃
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?pms01_netsec     ━┛
───────────────────────────────────


 株式会社ラックは、マイクロソフトのInternet Explorer 6 Service Pack 1日本語版において、特定のHTMLページを印刷した場合、CPU使用率が100%に陥り、さらに意図したページ数よりも大量の枚数の印刷物をプリンタに出力させてしまう問題が確認されたと発表した。この不具合は、TABLE要素に記述される内容に起因しており、すでにこの問題を引き起こすWebページが存在しているという。また、「印刷プレビュー」を行った場合は、CPU使用率が100%に上昇する。現在、マイクロソフトからこの不具合に対するアナウンスや対策パッチは提供されていない。


株式会社ラック:コンピュータセキュリティ研究所
http://www.lac.co.jp/security/csl/intelligence/SNSadvisory/76.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×